不知火文庫

私設図書室「不知火文庫」の管理人が運営しています。

祀り

 

 神(あるいは神と比喩できるような文明)のそばに居続けながら、神を畏れずにいることは難しい。しかし、それと同じくらい神を畏れ続けることもまた難しい。神は適切に畏れるものだ。